治ったと思ったらまた感染するヘルペスについて

2019年12月05日

性病の中でも厄介な病気のヘルペスですが、なぜヘルペスが厄介かという理由は、何度でも再発をするからです。女性の場合女性器に水疱瘡のような水ぶくれができて、強い痛みを伴います。場合によっては排尿痛を伴うこともあり、初めての時は悪化しやすい傾向にあります。2回目以降は症状が比較的軽く、短期間で治ることが多いです。

男性の場合には最初はむず痒さを感じるだけですが、数日経つとやはり水疱瘡のような水ぶくれができてきます。ひどくなると潰れて潰瘍のようになり、ひどい痛みを伴います。

ヘルペスに感染する原因は、発症部分との接触です。症状が出ていない時でも、ヘルペスウイルスが皮膚にある時には接触によって感染していきます。ヘルペスは性器だけではなく口唇ヘルペスもあるのです。唇の周りがむずむずして、暫くすると赤いぽつぽつができることがあります。ニキビだと思っていたかもしれませんが、実はこれが口唇ヘルペスです。最後は潰れてかさぶたになって治ってしまうので、あまり意識していない人も多いです。

この口唇ヘルペスもヘルペスウイルスを保有しているので、オーラルセックスで感染させてしまうこともあります。気付いていない人も多いので、口を介して感染することも多いのです。そんなヘルペスですが、暫くすると自然と治るので自然治癒するだろうと思っているかもしれません。ですが、原因であるヘルペスウイルスは消えた訳ではないのです。仙骨神経節に潜んでいて、免疫力が低下すると何度でも再発してしまいます。

再発する時は必ずむずむずするような違和感があるので、発症するな、という前兆に気付く人は多いです。前兆を感じた段階で薬を飲むと、症状が抑えられて未然に防ぐことができたり、発症してもすぐに服用すると症状が軽く済ませることができます。

そんなヘルペスに効果的なのがバルトレックスという薬になります。バルトレックスの主成分はバラシクロビルで、ヘルペスウイルスの増殖を抑えてくれるのです。つまり症状が出てしまっているということは既にウイルスが増殖しきってしまっているということなので、その状態で服用しても効果が得られないため、発症したらすぐに服用しなければいけないのです。

しかし発症したからすぐに病院に行けるかというと、現実的にはなかなか難しいものです。病院では必要な量しか処方をしてくれないので、症状が悪化してしまいがちです。

そこで出てくるのが個人輸入でアジスロマイシンを購入することです。個人輸入であればまとめ買いをすることができて、診察料もかからないのでかなり費用を安く抑えることができるのです。特にヘルペスウイルスは何度でも再発して、1年以内に再発する人は8割以上とも言われています。本当にひどい人だと1年に何度も再発してしまうこともあるのです。

最近では個人輸入でも代行で購入することができるので、通販感覚で購入することができます。割と簡単に購入することができます。しかし個人輸入の場合にはあくまで自己責任です。薬を間違っても、副作用が出ても、自己責任であることを忘れてはいけません。また、購入したものは自分以外が服用してはいけません。たとえ親しい友人や家族であっても安易にあげるのは危険です。あげたことに対する責任は取れないので、自分自身が使うためというのが大前提になります。家族の分もまとめて購入したんだ、ということもしてはいけません。厚生労働省にて規定されているので、各自で購入するようにしましょう。

まとめ買いをすればその分安くなることが多いのですが、厚生労働省では最大2カ月分までと定めています。たとえば1日3錠服用するのであれば2カ月で180錠まで、という計算です。それを計算した上で購入するようにしましょう。